薄毛でつらいこと

薄毛になるきっかけっていろいろなことがあります。例えば女性であれば、妊娠や出産がきっかけになることもあります。

 

また更年期に女性ホルモンの変化がきっかけになることも。また仕事のストレスや過労などで自律神経の失調などがだんだんと薄毛の引き金になることもあるでしょう。

 

時には良いスタイルを手に入れようと思って行ったダイエットが引き金になって、薄毛になることもあるのです。女性の場合は、いつ薄毛になるか分からないのです。
女性の人生って、決して平たんではありません。社会に出て仕事でストレスを受け、生活では結婚や出産など大きなライフイベントを迎えるし、最終的には、更年期という女性の大きな変化の時を迎えるので、人生の過程で薄毛になる人は少なくないのです。

 

そんな薄毛でつらいことは、やはり外見が大きく変化してしまうことではないでしょうか。最近では友人などで連絡を取る時に、ソーシャルネットワークであるフェイスブックやラインといったものを使うことも多いのではないでしょうか。その中には自分のプロフィール写真なども載っていることもあるでしょう。

 

やはり写真を出したい時には、きれいに映っているものがいいですよね。しかしあまり昔のもの、良いものを出してしまうと現実の自分とのギャップが大きくなってしまうことがあるのです。

 

つまり、あまり会う頻度の少ない友人などは、そのような良い写真のイメージを持っているけれど、本当の自分は少し薄毛に悩む年相当の女性に変化しているので、そのギャップが辛いと感じることが多いのですね。

 

本当は若々しくいたいというのは誰もの願い。薄毛を隠したいためにかつらやウィッグを使用することもあるでしょう。

 

しかしその使用があくまで自然であればいいのですが、どんなにいいものを使用しても、あれ?これはかつらか、ウィッグ?と思われることもあります。それは髪の毛の色だったり、髪質の違いなどから感じられる違和感です。そう思われると、この人はこれを使用するほど、髪の毛が薄いのかな?と思われてしまうし、その人の視線が度々髪の毛の方に向くことが嫌でもわかりますね。

 

その視線も正直つらいですよね。特に薄毛で悩んでいるときには、人の髪の毛に向かう視線をより敏感に感じ取ってしまうもの。自分の外見のことは辛いですが、でもそれを自分自身で自覚していますよね。更に追い打ちをかけられるように人の視線が来るので、より視線が痛いと感じてしまうのです。